EDを治療できるシアリスという薬があります。シアリスはその効果時間の長さからたちまち人気となり、またたく間に市場を制覇していきました。しかしそのためか、シアリスには偽物の存在も多いのです。

シアリスの正規品でEDを治す

シアリスの薬名はタダラフィル、予防と効能について

シアリスは、バイアグラとレビトラに続いて誕生した第3のED治療専門薬です。薬名はシアリスですが、有効成分はタダラフィルです。
タダラフィルは、医薬品のジャンルとしてははPDE5酵素阻害薬という薬です。PDE5酵素について知るためには、まずは男性に勃起現象が起こる仕組みを理解する必要があります。
男性が性的に刺激を受けたりして興奮すると、まず体内に一酸化窒素が放出されます。すると性器の細胞に血管拡張物質が大量に発生し、この血管拡張物質の作用で陰茎内の血管が拡張して圧が高まり勃起が起こります。一方PDE5酵素は、勃起に必要な血管拡張物質を破壊する酵素です。つまり、PDE5酵素は勃起を終わらせる働きをする酵素ということです。
シアリスの主成分タダラフィルはPDE5酵素阻害薬ですから、この酵素の作用をブロックするのが効能です。PDE5酵素の作用を邪魔することで血管拡張物質の減少を予防し、勃起の維持と継続を助けるのがシアリスの有効成分タダラフィルのED症状改善効果です。
ここで、シアリスはED治療のための医薬品の薬名であって媚薬や精力剤、催淫剤などとは根本的に異なります。ですから、シアリスを服用したことによってその効果が続いている間中ずっと性的な刺激とは無関係に勃起が続くというわけではありません。医薬品として、男性が性的に興奮して血管拡張物質が生成された時にその減少を予防して性行為を行うに十分な勃起を維持するものです。
このようにシアリスには関連する酵素に作用して血管拡張物質の減少を予防する効能がありますから、血管の拡張によって顔面の紅潮や動悸といった副作用が多くのケースで見られます。また血管を拡張することで血圧低下の可能性があるので、併用すると血圧の大幅かつ急激な効果が予想される降圧剤との併用は禁忌とされています。